クロゴキブリの幼虫にはブラックキャップが効くのか!?

ロゴキブリにはブラックキャップもバルサンも効かないって本当なのでしょうか?

普通の家に出てくるゴキブリは飲食店に巣をつくるチャバネゴキブリではなく、
クロゴキブリであると聞きました。

クロゴキブリは茶羽と違って外から住宅の中に侵入してくるから、
バルサンをたいても、毒エサを使っても次から次へと入ってっくるので
効果ないってらしいのです。

 

ブラックキャップを使ってのクロゴキブリ駆除

食店に巣を作っているのは大体が茶羽ゴキブリであることは
間違いないのですが、茶羽ゴキブリも一般住宅に住み着きます。
ただ、侵入経路が違うのです。

茶羽ゴキブリはダンボールやビールケースの中に入って
家の中に紛れ込みます。
温かいところに住んでいて、電話の子機の下にも巣を作るケースもあります。
食料の入ったダンボールの出入りが多い飲食店に茶羽が多いのはこのためです。

そして、黒ゴキブリは寒さにつよいので家の外も普通に出歩けます。
茶羽は人が家の中に運んでくるのに対して、
クロゴキブリは自分自身で人の家に侵入してくることができるのです。

ですので、クロゴキブリは近くに飲食店などがある場合は
隣から引っ越してっくる可能性が高くなります。

ただ、だからといってバルサンや毒エサが効果が無いってわけではありません。

今現在侵入させてしまったクロゴキブリは、どうにかして退治する他ないとして、後から侵入してくるゴキブリは侵入してきても住み着けないような環境にすることで「巣を作る」のを阻止する事ができます。

バルサンを炊いた後、家の中を隅々まで清潔にしてみて下さい。
その後、巣の近くにブラックキャップをセットします。

半年ほどでゴキブリは見なくなるはずです。

それが失敗してしまうようなら、業者に依頼することも考えて見たほうが良いでしょう。

>> 個人でゴキブリ駆除業者並みの害虫対策は出来るのか?