ゴキブリはどこから侵入してくるんだろう?

深夜、あなたはトイレにいくために布団から立ち上がります。 すると、トイレへ向かう途中、流し台の下にカサカサと蠢く物体を発見します。

”げ…ご、ゴキブリだ…”

用をすませた後でも、ゴキブリのことが気になって
中々寝付けません。 

”寝ている間に布団の中にまで来たら嫌だな…”
”そういえば、 ゴキブリって人間の髪の毛も食べるんだっけ。”
”ま…まさか…く、口の…中に…” 

そういう時って
”そういえば、ゴキブリってそもそもどこから家の中に侵入してくるんだろう?”
と思いませんか。

今回はその疑問にお答えしていこうかと思います。 

ゴキブリの侵入ルート

人の家に住み着くゴキブリは
「クロゴキブリ」と「チャバネゴキブリ」の
たった二種類だけです。

この二種類のゴキブリはそれぞれ違うルート
家の中に侵入してきます。

それはクロゴキブリとチャバネゴキブリは「生態」が違うからです。
それでは、それぞれの生態から侵入ルートを説明していきます。 

クロゴキブリの侵入ルート

クロゴキブリの特徴は

  ・寒さに強い
  ・人前に堂々と出てくる
  ・多湿な場所が好き
  ・よく飛ぶ

クロゴキブリは家の中だけでなく、
野外も歩き回ります。

夜、外を歩いている時に道路の端のドブの当たりを
クロゴキブリがうろちょろしているのを見かけたことはありませんか。

寒さに強いので深夜、気温が下がっても活発に
動きまわるのです。

また、クロゴキブリは多湿な場所が好きですので
ベランダに置いてある植木鉢の中にも住み着きます。

クロゴキブリは外を自由に歩き回れるので
あなたの家に入ってくるときは、「玄関から堂々と」入ってきます。

また、飛べるので窓から侵入してくるケースもあります。

そして、クロゴキブリが侵入に成功した後、
水気の多い台所や洗面台、お風呂場に住み着くき始めます。 

チャバネゴキブリの侵入ルート

チャバネゴキブリの特徴は

   ・寒さに弱い
   ・人前にあまり出てきたがらない
   ・温かい場所に住み着く
   ・飛べない

チャバネゴキブリは寒さに弱いので外では生きられません。
基本的に人の家の中に住み着きます。

それにチャバネゴキブリは空を飛べないうえに、
あまり人前には出てきたがりません。 

”じゃあどこから侵入してくるの?” 

その答えはチャバネゴキブリの「巣」にあります。

チャバネゴキブリはダンボールの隙間に住み着きます。
引っ越しの時にダンボール箱は使いませんでしたか?

彼らはその中に紛れ込んで家の中に侵入してくるのです。

友達や親戚から送られてきた「食品のたくさん入ったダンボール箱」
ちゃんとすぐに処分していますか?大丈夫ですか?

特に、居酒屋などの飲食店を経営している方は注意が必要です。
毎日毎日、ダンボールに入った食材を調達しているのなら
それだけチャバネゴキブリの侵入リスクが増します。

それに、チャバネゴキブリはビールの匂いが大好きです。
飲んだ後のビール缶、ちゃんと水洗いして処理しなきゃダメですよ。

彼らはビールケースの中に住み着くほどのビール党なのです。

チャバネゴキブリは一旦家の中に侵入した後、
束にしてある古い雑誌の隙間・家電機器の中・コンセントの裏側
などに住み着いて、繁殖をはじめます。 

まとめ 

クロゴキブリ   → 玄関から堂々と侵入
チャバネゴキブリ → ダンボール箱などからこっそり侵入

どこから侵入してくるのかが分かれば、対策も練れるってわけですね。 

さて、次回からはいよいよ「ゴキブリの駆除・対策編」です。
ゴキブリ駆除の具体的なノウハウをお伝えしていこうと思います。

ただその前に、多くの人は
「プロの害虫駆除業者ってどんな殺虫剤使っているの?」
と疑問に思っています。

「プロの使う殺虫剤」は実は市販されている「普通の殺虫剤」と
そんなに大差はないという事実は、余り知られていないものです。

その辺りのことを詳しく解説していこうと思いますのでお楽しみに。 

>> 個人でゴキブリ駆除業者並みの害虫対策は出来るのか?