クロゴキブリとチャバネゴキブリの生態の違い

まずは前回の記事のおさらいをしましょう。

  1 ゴキブリには「クロゴキブリ」と「チャバネゴキブリ」がいる。
  2 「クロゴキブリ」と「チャバネゴキブリ」の「生態」は全然違う。
  3 ゴキブリの「駆除」をするためにはゴキブリの「生態」を知らなければならない。

でしたね。

ゴキブリの「生態」さえ知っていれば、
効果的なゴキブリ駆除の「対策」が練れるのです。

・・・何だか難しそうになってきましたね。
ですが、安心して下さい。

ゴキブリ駆除のために知っておくべきゴキブリの「生態」って
いうのは実はあまり多くはありません。

さて、それでは「クロゴキブリ」と「チャバネゴキブリ」の
生態をそれぞれ説明していきます。

知っておくべきことは、

  1 ゴキブリの
  2 幼虫の期間
  3 寿命の長さ
  4 卵が孵化するまでの期間
  5 一度に生む卵の数はどれくらい?
  6 年に何回、卵を生むのか?

の6つだけです。

プロはもっと細かいことまで調べ上げますが、
個人やお店でのゴキブリ駆除対策では上の6つを知っているだけで十分です。

それでは、それぞれの項目についてなるべくシンプルに説明していきます。 

1 ゴキブリのすみか

 クロゴキブリは「湿った場所」をに住んでいます。
  例えば、台所・洗面台・お風呂場…ext

 チャバネゴキブリは「温かい場所」に住んでいます。
  例えば、古紙やダンボールの隙間・家電機器の中・コンセントの中…ext

ゴキブリの住んでいる場所に罠を仕掛けていきますので、
ゴキブリの巣の特定はゴキブリ駆除の大前提です。
あなたがよくゴキブリを見かける場所はどこでしょうか? 

2 幼虫の期間

クロゴキブリは8~11ヶ月

チャバネゴキブリは33~70日

チャバネゴキブリは恐ろしい早さで成虫になります。
これはチャバネゴキブリが物凄い勢いで繁殖していく
ということを意味しています。
詳しくは次章「ゴキブリは一匹見たら百匹はいるのカラクリ」で説明しますね。 

3 寿命の長さ

クロゴキブリは8~18ヶ月

チャバネゴキブリは3~6ヶ月

クロゴキブリは案外長生きするのに対し、
チャバネゴキブリは短命なのです。

じゃあ、”チャバネゴキブリ駆除は楽勝じゃん♪”と、一瞬思ってしまう
かもしれませんが・・・本当にそうなのでしょうか? 

4 卵が孵化するまでの期間

クロゴキブリは23~66日

チャバネゴキブリは15~30日

チャバネゴキブリは遅くとも一ヶ月以内で孵化します。 

5 一度に生む卵の数はどれくらい?

クロゴキブリ20~30個

チャバネゴキブリ18~50個

どちらも最低でも、一度に20個近く卵を産みます。
「一気にウジャウジャ増える」
これもゴキブリの恐ろしさの一つです。 

6 1年に何回、卵を生むのか?

クロゴキブリは20~30回

チャバネゴキブリは3~7回

クロゴキブリは一年の間に最低でも20回は卵を産みます。
クロゴキブリの一度に産む卵の数は20~30個でしたね。

20×20で計算すると…すると…

7 その他の特徴

その他の「クロゴキブリ」と「チャバネゴキブリ」の特徴としては

クロゴキブリ
  ・寒さに強い
  ・人の前によく出てくる
  ・羽で空を飛べる
  ・家の外から直接侵入してくる

チャバネゴキブリ
  ・寒さに弱い
  ・人前にはほとんど出てこない
  ・飛べない
  ・ダンボールなどの資材にまぎれて家に侵入してくる

ゴキブリ対策で知っておくべきことで、
一番重要なのは「ゴキブリはどこに住んでいるのか?」です。

巣を特定しなければなりません。

それには、あなたが「ゴキブリをよく見かける場所はどこなのか」を
よくよく注意しておくことが肝心です。  

それでは次は、ゴキブリの「繁殖力」の説明です。
なんでゴキブリはこんなにもウジャウジャ増えていくのか?

その謎を紐解いていきましょう。

>> ゴキブリは一匹見たら百匹はいるのカラクリ